補聴器

聞こえにくくなった時は

補聴器を選ぶためには、まずは耳鼻科等の医療機関で自分の聞こえの特性を知ることが重要です。これだけでも補聴器を選ぶことはできますが、自分の耳の形にあった物を選ぶと、ストレスなく日常生活を送ることができます。

女性

聴力の程度や目的で選ぶ

補聴器は自分の耳の形や聴力のレベルに合わせて選ぶことが大切です。購入する時は使用の目的や予算をはっきり伝えることで、自分に合った補聴器を選ぶことができます。補聴器は定期的な点検が必要なので、自宅から通いやすい販売店で購入すると良いでしょう。

男性

お店か耳鼻科かどっち

年齢を重ねて耳の聞こえが悪くなった時に、耳鼻科に行くべきか街にある補聴器の専門店に行くべきか悩む人も多いはずです。そんな時には、耳鼻科に行って本当に年齢によって聞こえが悪くなったのかを診察してもらった方が安心です。

診察

扱い方に注意しよう

補聴器は湿気や水気が故障の原因となるので、扱い方には注意が必要です。使用後は毎回耳垢やホコリなどの汚れを取り除き、専用の乾燥ケースで保管することで、補聴器を長持ちさせることができます。定期的に販売店でクリーニングを依頼するのもおすすめです。

補聴器

耳が悪くなったときに

耳の聞こえが悪くなったときには、耳鼻科に訪れて原因を診断してもらう必要があります。ドクターに診察してもらった結果、耳の聞こえは補聴器で解決できるといわれたのなら、販売店に訪れて自身にピッタリとあったものを購入しましょう。

耳鼻科で診察してもらう

老人

フィット感や聞こえ具合

耳の聞こえ具合が悪くなってきたのであれば、まずは耳鼻科に行って診察をしてもらってからその後の事を考えていきましょう。治療によって改善できるのであればその方がいいですし、改善が難しいのであれば補聴器の購入も検討しなくてはなりません。医師に診察してもらい、補聴器を勧められたのであれば、購入する方向で考えていく事です。補聴器の購入を検討する場合、まずは付け心地や聞こえ具合などを試してみてから購入するようにした方がいいでしょう。聞こえ方は良かったとしても、耳へのフィット感が悪ければ付け心地が悪いので、使いづらくなります。せっかく聞こえがよくなるように購入したというのに、付け心地が悪いからと言って使わないのはもったいないですので、無駄にしない為にも試してから購入する事です。補聴器購入後には、そこからそのまま使い続けられるわけではなく、調整をしながら使用していくようになりますので、購入店に通うようになります。購入店ではきちんとメンテナンスをしてくれるのかを聞いてから購入するようにし、通いやすい雰囲気があるかもみておきましょう。スタッフの対応が悪ければ、ちょっとした相談もしにくいですし、メンテナンスに通うのが嫌になってもいけません。スタッフの対応だけではなく、自分一人でも通いやすい場所かをも重要になります。家族の付き添いがなければ通いにくい場所になると、家族と都合を合わせていかなくてはなりませんので、自分一人でも通いやすい場所を選びましょう。

Copyright© 2018 耳が聞こえずらいなら補聴器を使おう【使用前に必要なこととは】 All Rights Reserved.