聞こえにくくなった時は

補聴器

聞こえの疑問は医療機関で

加齢の影響で耳が遠くなった、あるいは突発性難聴によって聞こえが悪くなった時は、補聴器を利用する方がほとんどでしょう。しかし補聴器は自分の耳にあわせたものを購入しないと、かえって聞こえが悪くなってしまうのです。では、自分の耳に合った補聴器を選ぶにはどうすればよいでしょうか。補聴器選びの際は、まず耳鼻科などの専門医療機関に診断してもらいましょう。聞こえが悪くなると一口に言っても、実はその程度は人によってまちまちです。ほとんど聞こえない人から、小さく感じても聞こえる人、低音は聞こえないが高音は聞こえる人など、千差万別です。こうした聞こえの特性に合わせた物を選ばなければ意味がないのです。医療機関の診断を受けて、どの程度聞こえていないのかの特性を把握したら、いよいよ補聴器選びが始まります。医療機関によっては補聴器の斡旋をしてくれるところもありますが、診断結果をもって補聴器の専門業者に自分で依頼するということも可能です。専門業者に依頼した場合に受けられるのが、補聴器のオーダーメードサービスです。聞こえの特性に応じた補聴器選びは医療機関でも行ってくれますが、耳に入れるイヤホンの調整までは行ってくれません。しかしながら、専門業者はイヤホンのオーダーメードサービスが特徴です。これはシリコンを耳に注入して型を取るため、普段使いしてもストレスを感じない、付け心地のよいイヤホンを作ることができます。補聴器を選ぶ際は、自分の聞こえの状況や耳の形にあった物を選ぶようにしましょう。

Copyright© 2018 耳が聞こえずらいなら補聴器を使おう【使用前に必要なこととは】 All Rights Reserved.